« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の4件の記事

2010年3月26日 (金)

7時だよ全員集合!

Roudoku
朗読会やります。

今回ナレーターのスナオマサカズさんの呼びかけでこんなイベントが開催されます。
シズオカトークセッション。
出演者は僕の他に、
岡本ひかりさん、スナオマサカズさん、高橋裕一郎さん、松下なおみさんです。

3月27日、午後7時開場、午後7時30分開演です。
場所はTandemJive静岡市葵区人宿町5-7 ITO人宿町ビル203

料金は¥500(1ドリンク付き)

それぞれの演者が、セルフプロデュース。朗読する人もいれば、歌を唄う人もいたり。もちろみんなでワイワイトークショーであったり。
静岡県内で活躍中のナレーターが集まります。
みなさん一度は耳にしたコトのある声の持ち主たちです。


僕も若い力にどこまで応えるコトができるか。楽しみです。


お時間のある方は是非お立ち寄りください。

克馬

| | コメント (2)

2010年3月15日 (月)

パートナー

Img_0674_2
右京さんです。
いや、失礼!
新しい相棒です。


いや~、同級生からも「ブログの更新が遅い!」とお叱りを受け(なんでオイラのライフスタイルに指示を出されるのか未だ判らないwww)、ネタを探していたところ、彼が本日デビューをいたしましたのでお知らせいたします。


え~、なんでこれまで、シューズを買わなかったのか後悔いたしております。

前回ご報告したとおり、なんとなく歩きだした昨年12月から駿府マラソン、そしてホーム開幕の日まで、どこのメーカーとも判らないシューズで走っていました。

シューズって、履き替えると走りも変わるのかなぁ。
そんな風に思っていただけで、それほどこだわりは持っていませんでした。

昨日の日曜日、ショップで、足の測定&シューズの試履きを行っていたので行ってきました。
今まで自分で認識していた足の大きさよりワンサイズ小さいという事が判明。
そして紹介してくれたシューズが、このニューバランスの967というものでした。

今朝、半信半疑でシューズに足を入れテクテク歩きだす。
まだ判らない。
スタート地点に着き軽くストレッチ。
まだ判らない。
さあ、スタート。
まだ判らない。
快調にジョグ。
うん?あれ?
6キロのジョグ終了。
おっ!ほうほう!
帰宅。
いや~変わります。

シューズって大事ですね。
腿や膝への負担が軽減され、終わってからの筋肉のハリが、これまでと全然違います。
走っていても自然と足が前に出ていく感じ。
走っていて楽しいです。

なんでもっと早くシューズを変えていなかったのかなぁ。

明日からまた楽しいジョグがスタートです。


克馬

| | コメント (3)

2010年3月 7日 (日)

爽快

爽快
駿府マラソン10キロ。
無事完走しました。
目標の1時間をきって57分36秒でした。


コメントやメール、ツイッターなどで、多くの応援メッセージをいただきました。ありがとうございました。

なんとなく走り出したのが昨年の12月2日。
走り出したといっても、最初の一ヶ月は歩いていただけです。
2キロぐらい歩けば、膝に激痛がはしることもありました。


もともと、健康のために歩き出し、いつかは走れたらいいなぁという思いでスタートしただけで、駿府マラソンに出場しようなんて思っていませんでした。


しかし、40を過ぎたおっさんか、出場を決めたのは…
1月21日、小野伸二選手の入団会見の日でした。


30歳でまだ出来る!

彼の姿を、あの会見を生で聞いて決めました。
家に帰ってその夜、締め切りギリギリにエントリーしました。

なにかやってみよう!
とにかくやってみよう!

いろいろな不安もありました。
制限時間内にゴール出来るかな?出来ないとカッコ悪いなぁ〜とか。

膝、股関節の痛みで走れない時、本当に走れるのかなぁ~とか。

だけど、小っちゃなコトだけど、なにか、何も出来ないところからチャレンジしてみたかったんです。
仕事柄、いつも台本があり、他人が作ったストーリーではなく、自分で決めて自分の力で進んでみたい。

やってみてよかったです。
昔、ゴルフの研修生をしていた頃のような三ヶ月でした。


やれば出来る!


あらためてそう思いました。

僕の好きな言葉
「熱意なくして成し遂げられた偉業は未だかつてない」

さあ!
次は、アウスタ日本平ホーム開幕!
やりましょう!やってやりましょう!

今シーズンも吠えていきます!

エスパルスへの応援宜しくお願いします。


克馬

| | コメント (4)

2010年3月 6日 (土)

いくぞ!

いくぞ!
いよいよですね。


今年も宜しくお願いします。

克馬

| | コメント (5)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »